page top

ガーデンシティうべ

トップ画像

ガーデンシティうべ

基本理念

 本市では、これまで「緑と花と彫刻のまちづくり」を官民が一体となって取り組んできたことから、「花を育てよう」「花を飾ろう」という市民文化が育まれています。
このような本市の誇れる取り組みを次世代に継承し、さらに持続的に発展させていくためには、市民自らが、楽しみながらまちづくりを行い、いつも花が咲き乱れ、四季それぞれの楽しみを感じ、うるおいの豊かな生活を実現していくことが大切です。
これにより、住んでいるまちの価値も市民で作りあげていくことになります。

 「緑と花と彫刻のまちづくり」の新たなステージとして、ガーデンシティうべを目指した様々な取り組みを全市的に展開するために、本構想の基本理念を以下のとおりとします。

花と緑にあふれ、市民が輝き誇りを持ち、人々の暮らしを豊かにする持続可能なまちづくりを目指す

テーマ

 本市が抱える課題を踏まえて、以下の3つをガーデンシティうべのテーマとして、取り組みを進めます。

緑と花と彫刻のまち宇部

「まちを育てる」

  • *緑と花と彫刻が調和したまち
  • *心豊かに暮らせるまち
  • *世界に誇れるまち

市役所周辺などの拠点整備や、中心市街地を対象とした重点地区づくりなど、バラを中心に四季折々の花が咲く、ガーデンシティの基盤となる整備を市民と共に取り組みます。

「ひとを育てる」

  • *学ぶ
  • *交流する
  • *広がる

ガーデンマイスター制度の創設や市民団体との交流、ワークショップなどを通じ、これまで以上に市民がガーデンシティの主役となるための人材育成や文化醸成に取り組みます。

「花を育てる」

  • *市民参加
  • *産業化
  • *農業の活性化

需要の掘り起こしやうべブランドの創出、ガーデンシティを支える生産農家の育成などにより、地域産業の振興に取り組みます。

循環構造

3つのテーマの取り組みが循環することにより、基本理念を実現し、持続可能な開発目標(SDGs)の達成につなげます。

持続可能な開発目標(SDGs)

イメージ図

 ガーデンシティうべ を表すイメージ図は以下のようになります。

 花と緑にあふれ、市民が輝き誇りを持ち、人々の暮らしを豊かにする持続可能なまちづくりを目指します。

持続可能な開発目標(SDGs)